Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX用語集

スポンサーリンク
FX用語一覧FX用語
スポンサーリンク

FX用語集

やまとの
やまとの

FXで利益をあげる為には用語を理解している必要があるんだ。

プータ
プータ

取引始める前にしっかり勉強するよ

あ行

アウトパフォーム
運用成績がベンチマークしている所より上回る事。

アク抜け
悪材料が出尽くして、相場が落ち着く事。

アップトレンド
価格の上昇傾向、上昇トレンド

アノマリー
市場の変則性の事、既存の投資理論では説明のつかない価格の規則的な事象で、経験則的な動きの事。

アスク
FX会社など、取引価格を提示する側の売値の事。投資家にとっては買値になる。オファーと呼ばれる事もある。

アマウント
取引をする際の取引金額。

インターバンク市場
銀行や証券会社、金融ブローカーなどの金融機関同士が取引する市場の事。個人投資家は参加出来ない。

いってこい
相場が上昇、下落した後に、結局は元の水準に戻ってくること。

インカムゲイン
株式投資の場合の現金配当、債券投資や、預金などから生じる受け取り利子、信託の結果として利益分配金などの利息による収入の事。

インフレーション
略してインフレ。物価が上昇し続けている現象。ものの値段が全体的に上がり通貨の価値が下がる。景気がよくなりすぎた時に起こりやすい。

ウップス
窓を利用する売買手法。前日の高値を超えて上に窓を空け、前日の高値まで下げてきたときに売ったり前日の安値を超えて下に窓を空け、前日の安値まで上げてきた時に買う事。デイトレードなどの短期の売買方法。

上値【うわね】
現在の値段以上の値段の事。更に高い値段の事。

上値抵抗線
チャート分析の際、上昇場面において売りの圧力が高まり、上昇を抑えられる水準を示した線。

うり相場
売り方が有利とみられる相場の事をいう。下げ相場ともいう。

円安
円資金を外貨に投入して、外貨で運用する操作を円投(えんとう)と言う。

円高
日本円の価値が外貨ドルに対して上がる事。

押し目【おしめ】
取引トレードが上昇傾向にあるなか、利益確定などで一時的に下落している局面の事。

オーバーナイトポジション
外国為替市場においてその日のうちに決済せずに翌日まで持ち越すポジション(外国為替の持ち高)の事。

終値【おわりね】
株式の場合、取引所で取引が終了した時点の価格を終値という。FXの取引が行われる外国為替市場には取引所が無いのでニューヨーク時間の夕方5時をその日の終値とし、同時に翌日の始値とする。

か行

カバー
自分の持ち高を清算する方向を行う事。買ったポジションを売り(ロング・カバー)、売ったポジションを買う(ショート・カバー)の事

介入
外国為替市場で外貨需給にアンバランスが生じた時、中央銀行や財務省等の通貨当局が市場に介入して通貨間の売買を行う事。一国だけの単独介入と複数国で行う協調介入がある。
日本では財務大臣の権限において実施され、日銀が為替介入の実務を遂行する。為替介入によって短時間に大量の注文が市場に入ると値段が大きく動く事がある。

キャピタルゲイン
株式などの有価証券や為替などの価格変動によって発生する売買差益の事。譲渡益や資本利得、投資収益とも言われる。配当や利子など経常的に発生するものは、インカムゲイン

キャピタルロス
投資した時の価格よりも売却時の価格が低い事による売買損失。

刻み
相場の価格単位【1円刻み】といえば1円ずつ上下する事を言う。

基準値
前日の取引で成立した最終手段(終値または最終気配値)の事。

基軸通貨
国際通貨の中で中心的な役割を持ち、国際間取引で広く使用している通貨。現在の基軸通貨は米ドル。

クロス円
米ドル以外の外国通貨における対円為替レート。ユーロ円・豪ドル円・NZドル円

堅調
相場が上昇基調にある事。

決済
建玉を清算する事。外国為替証拠金取引では、反対売買による差金決済となる。

経済指標
政府の発表する経済の成長や安定性についての指標の事。一般的な指標としては、失業率、GDP、インフレ率、小売売上高、日銀短観、貿易、サービス収支等がある。

国債
国債とは国が発行し、元利金の支払いを国が保証する。最も信用度の高い債券。

さ行

サポート
為替市場介入の用語。市場価格が下がりそうになり、商品を買ってその下落を阻止して、元の状態に出来るだけ近づけること。

ザラ場
板寄せ売買を除いた寄付と引けの間の時間、およびその間の売買方法を総称して指す。

下げ足
相場が軟調である状態の時に使われる。相場が安くなっていくことを指す。

しこり
相場が予想に反した動きになった為、売買機会を逃し動きが取れなくなっている状態の事。

ショート
売りつける事及び売りポジションを保有する事。

ショートカバー
売りポジションを買い戻す事。ショートスクイズとも言う。

下値
現在の値段以下の値段の事。更に安い値段の事。

下押す
相場が安くなること。

下放れ
相場が直前の取引水準から大幅に下がる事をいう。

ストップオーダー
ある水準よりも上になったら買いポジションを持つ。もしくは下になったら売りポジションを持つ注文。

ストップロス
損切りの際によく使われる注文形式やその行為自体を言う。損切りする為の【逆指値】とも言える。

スプレッド
買値と売値の差の事。

センチメント
市場参加者のムードや雰囲気、市場心理。

全面安
相場が各銘柄、セクター、もしくは各限月軒並みに足並みをそろえて安くなる事。

全面高
相場が各銘柄、セクター、もしくは各限月軒並みに足並みをそろえて高くなる事。


市場用語で、相場が下落している状態の時に使われる。相場の安い所を指す。

底堅い
市場用語で、相場の状況を表す。相場が下がりそうで下がらない状況を指す。

損切り
売り、または買い契約が損計算となり、それを覚悟で決済を行う事。損失覚悟で売買建玉を決済する事。

タ行

ダウントレンド
あるマーケットで、価格が下落傾向にあること。

タカ派
強硬に物事を進めようとする考え方や人を指す。経済状況に対して強気な考えや、利上げの積極派という意味を持つ。

建玉【たてぎょく】
新規で売買注文を出し、決済注文を出されていない状態の事。

デイトレーダー
積極的に売買を繰り返し、ほとんどの取引がデイトレードの投資家。

ダブルボトム
相場の底値圏で形成され、下降トレンドから上昇トレンドへの反転を示すとされるチャートパターン。同水準の安値を二度と付けた後一度の安値と二度目の安値の間につけた戻り高値を越えた時を買いサインとするもの。相場の反転には一度安値をつけただけでなく、同じような水準まで落ちてから反発する事が多くみられることから、こうしたチャート分析が生まれた。
上下を逆にしたパターンが相場の高値圏で生じるものを、ダブルトップという。

テクニカル分析
過去の相場の動きなどを統計的に分析し、将来の値動きを予測する分析方法。

手仕舞い
ポジションをクローズする事。

トレンドライン
トレンドが明確に見えるようにする為に引く補助線。

な行

仲値【なかね】
売り買いの中心となるレートで、対顧客相場ともいう。外国為替相場は常に変動している為、午前10時頃のインターバンク・レートの実勢を参考に仲値を決定する。

成り行き注文
現在の提示レートで売買する注文方法の事。プライスオーダー、マーケットオーダーとも呼ばれている。

軟調
相場の状態を示す、相場に買い気が乏しく小安い状態の事を指す。

難平【なんぴん】
取引コストを平均化する為に価格の動きと逆の縦玉をする事。困難を平均するという意から転じて、相場の上下に応じて売買の値段を平均する売買方法。買っていて下げたら更に買って平均の買値を下げ、反対に売って上げたら、売り増しし平均の買値を上げる事。ポジション数が増える為、リスクが大きい手法。

ニューヨークダウ
アメリカのダウ・ジョーンズ社が発表する工業株30銘柄を対象とした平均株価指数で、NYダウ工業株30種やダウ工業株30種平均とも呼ばれている。ニューヨーク証券取引所に上場された、各セクターの代表的な30優良銘柄を対象として、連続性を持たせる形で株価の単純平均を算出している。

日経平均株価
日本経済新聞社が算出する、相場の流れをつかむ株価指標として最も利用されている代表的な株価指数。1949年5月16日、東証再開時から算出されており、東証第1部市場に上場している銘柄225銘柄を選び、米国、ダウ・ジョーンズ社が開発した計算式を使い、平均株価を算出する。
かつては日経ダウと呼ばれていたが、1985年5月にダウジョーンズ社からその権利を日本経済新聞社が買い取った。

値幅
相場の上がり下がりの幅の事。

は行

反発
相場が上昇じている状態の時に使われる。下げ基調にあった相場が急に高くなる事えをさす。

評価損益
任意の時点での、計算上の差損益の事。

ファンダメンタルズ分析
価格を予測する為に経済データを使う分析の事。

ヘッジファンド
主にオフショアのタックスヘイブン(租税回避地)に拠点を置き、法的規制を避けてグローバルに投資活動を営む私募の投信の事。

ベアー・マーケット
相場が値下がりすると予想する弱気の見方。

ボックス相場
相場が特に注目されるような判断材料がない為に、箱の中に閉じ込められたかのように、一定の範囲で動く相場の状況。レンジ相場とも呼ばれる。

ポジション
保有している売り買いの持ち高。未決済建玉の事。

暴落
相場の急な下落を示すもっとも強い言葉。

暴騰
相場の急な上昇を示すもっとも強い言葉。

ま行


GAP(ギャップ)ともいう。チャートで前日の値段から離れた値段で寄り付き、引けて、前日の価格との間に空白を作った場合、その部分。

目先
目前の短期間もしくは近い将来の事。またはその目前の小高下を予想した相場の事。

戻り売り
下げ基調の相場が一時的にまた上がってきた時に売る事。

安値
その日取引された中で最も安い値段。

約定
売買が成立する事。売買が成立した日の事を約定日という。

ユーロ
1999年1月1日から導入されたEUの統一通貨及び通貨単位であり、加盟27か国中17か国が採用している。

寄付き
相場が始まった時の一番最初のレート。

陽線
ローソク足において始値よりも終値の方が高い線。白黒のチャートでは白塗りの線。

ら行

乱高下
価格が上下に大きく激しく変動し、その後の方向が上か下か見極めにくい状態。

リスクコントール
損実を限定する為に、トレードにルールを設ける事。

利食い
利益確定の事。反対売買。

レジスタンス
ある価格帯を越えて相場が上がりにくいと見られる場合に、その価格帯を示す用語。

レンジ相場
レンジは範囲領域の意。ある一定の範囲内で上下動を繰り返す相場の事。

ロスカット
保有している評価損の出ているポジションを、反対売買する事によって損失を確定する事。損切り。

ロング
買い付ける事、買いのポジションを保有する事。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント