Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX初心者の悩み解決

スポンサーリンク
FX 初心者の悩み解決FX【脱】初心者
スポンサーリンク

FX初心者の悩み解決

やまとの
やまとの

なんで勝てないんだろう?と悩んでいる人も

多いはず。今日はFX初心者の悩みを解決していくよ

プータ
プータ

先生よろしくお願いしますぅ(´・ω・)
勝ちたいんやー😛

エントリーした瞬間に反対方向に行ってしまう

【ここだ!】と思ってエントリーした時に反対方向にチャートが動いてしまう経験がある人が多いと思います。
まるで自分がエントリーしたから反対に動いたかのような錯覚に陥るかもしれません。
これには理由があります。
相場にはエントリーする段階が存在するからです。
動き出す前・②動き出した時・③誰でも動いたと分かる時
①はヘッジファンドなどの投機筋がエントリーするポイントです。
②はベテラントレーダーなど勝っている投資家がエントリーするポイントです。
③一般の投資家がエントリーするポイントです。

値動きチャート

動いたと分かる値動きをしている時に既に利確ポイントを探っている層がいる為、利確されると
反対方向に動いてしまうのです。
100%相場の動きを読み切るのは不可能ですが、トレンド方向を早めに察知する努力をする事で
エントリーの質を上げる事は可能です。

エントリー質を向上させるには?

では具体的にどうしたらエントリーの質を上げる事が出来るのでしょうか?
方法は多く存在するのでこれが正解だとは言い切れませんが以下を実践するのとしないのでは結果は変わります。
日足、4時間足、1時間足のトレンド方向を見る
➡1時間足だけ見て下方向だとしても4時間足、日足は上方向の場合に買いで入ったら押目だった場合もあります。
その為、時間足は1つだけみるのではなく各時間足の方向を確認しましょう。

レンジ相場かトレンド相場か判断しましょう。
➡レンジ相場では逆張りが有効、トレンド相場では順張りが有効です。
 見分け方は色々ありますが、

高値と安値の水準が綺麗に揃う
移動平均線が水平になる
ボリンジャーバンドの幅が一定になる

注文の仕方でも精度は変わります。
 FXは注文方法が多く存在します。一度復習しますね。

成り行き注文その時の相場価格で約定される。
指値注文現在のレートよりも有利なレートが実現したら注文が成立される
逆指値注文現在のレートより下がったら売る、レートが上がったら買う

成り行き注文

下の図は上昇トレンドだと思い成り行き注文した直後下がり始めたチャートです。
初心者の方にありがちな典型的な高値掴みパターンです。
成り行き注文

・成り行き注文は分かり易いので、FXを始めた頃は多用しますが実は扱い方が難しい注文方法なんです。
成り行きをするという事は目に見える程チャートが動いているので、エントリーした所で反転する事が必然的に多い為です。

指値注文

・指値注文は予め指定しておいた価格になると注文が成立されます。
 初心者の方には使いづらいかもしれませんが、指値注文をする事で高値掴みや底値買いを減らす事が出来ます。
下の図は100.0に指値注文を入れてうまく押し目買いが成功した例です。
上昇トレンドで成り行き注文をしていた場合損失が発生していた局面です。

指値注文

逆指値注文

・逆指値注文も指値注文と同じく予め指定しておいた価格で注文が成立する方法です。
 指値注文が現在よりも有利なレートで注文するのに対して、逆指値注文は今より不利なレートで注文を出します。
逆指値注文

逆指値注文をしておく事で損失を限定する事が出来ました。
主に損切りの際使われる注文方法です。

利益幅は現実的か?

FXをやるからには早く沢山稼ぎたいと思うのは必然です。しかしながら利益を取りたいが為に
無理なトレードをして逆に損失を出してしまう事が多いので注意が必要です。
これには資金が関係してきます。
 例えば10万円の利益を出したいとします。
1千万資金があれば10万円を稼ぐ為に無理なトレードは必要ありません。
 10万円の資金ではどうでしょうか?この資金では大きなリスクがあるトレードしなければなり     ません。
 先ずは自分の資金にあった利益幅を確認してその目標に向かってトレードして行く事が大切で     す。

手法に目移りばかりしていては勝てない

FXには手法が数多く存在します。初心者の頃は色々試したいと思うでしょう。
それ自体は間違いではありません。色々な手法を自分で検証して勝ちに繋がる手法を見つける事は大切です。しかし多くの方が新しい手法を試す➡負ける➡直ぐ又新しい手法を試すといった負のスパイラルに陥ります。
100%勝てる手法は存在しませんし、次々に新しい手法を試すよりも1つの手法を突き詰めて
勝ちのサンプル、負けのサンプルを手に入れたほうが、期待値の高いトレードが出来てきます。

大損する人の共通している点

やまとの
やまとの

以前に投稿した記事だけど大切なので
記載するね!

プータ
プータ

大負けしたくないよー

危険度S級!! これをやると大損する

FXを始めると思うように利益が出なかったり、負けが続くと手法を変えたりしたくなると思います。ここでは【これをやると特に大損する】行動をまとめてみたので参考にしてみてください。 先ずは危険度S級 大損への道まっしぐらの内容からどうぞ。

レバレッジを掛けすぎる
 国内口座では最大25倍【個人】のレバレッジを掛ける事が出来る。
 10万円の元手で250万円の取引が出来るので利益も25倍だが、損失も25倍になる
   

ナンピン
 ナンピン平均取得価格を平らにする事で損失をカバーする。
 だが、逆方向に進めば損失は掛算式に増える

損切しない
 思惑と逆方向に進んで、損失が出ているにも関わらず【いつか戻るだろう】と思って
 損失を確定できない損切せず戻る時もあるので安心していると大量にロットを持った時に
 戻らないと大損する。=コツコツドカンの所以

ロット数が大きい
 ロット数を大きく持てばその分利益額も多くなるが、逆に損失額も多くなる。
 金額の大きさから含み損が出ると損切が出来なくなり、結果大やけどをしてしまう。

指標ギャンブル
 重要な経済指標の発表時はボラティリティが大きくなる為、ギャンブル的にポジションを持つ事。 当たれば大きいがトレンド、指標結果を無視した動きも多い為、逆に動けば大損する可能性が高い。 米雇用統計、FOMC等

FX 大損
 

危険度A級! 勝てない人の共通点

次に、トレードは100%勝てる保証はありませんが、負けやすい人には共通点があります。
では早速いきましょう。

必ず勝てると思っている
 相場に必ず勝てる保証はありませんが、自分の意志で相場が動くと思っている。

他人に意見を求める
 相場を読む努力をせず、100%他人の意見でしか判断出来ない
 自分自身で損切ラインや、利益確定、シナリオが明確であり、尚且つ他人を参考にするのとでは天と地の差が生まれる

気が短い
 相場は24時間動いているが、常にチャンスがあるわけではない。チャンスが来るまで待てずに
エントリーしている。 

取引ルールがない
 エントリーする条件、ロット数、損切条件、などが明確になっていない。
 根拠がなければメンタルで取引する事になる為、不利な状況でエントリーする。
 

とにかく大勝ちにこだわる
 一度で大勝ちを狙い、引き際の見誤る。損失が出る事の恐怖を忘れる

手法をすぐ変える
 結果がでないと次々に新しい手法を試していく。
 悪い部分を修正して、良い部分を残してしけば自ずと優位性は増えて行くが、自己分析よりも
 新しい手法に目移りしてしまう。

まとめ

やまとの
やまとの

プータはいくつあてはまったかな?

プータ
プータ

1.2.3.4・・げげ、沢山あります。
直さないといけないね。

 

みなさんはいくつ当てはまったでしょうか?
上記の逆を行う事ができれば大損や、負けにくくする事は可能になります。

みなさんの環境に置き換えて参考にしてみてください。

 

 

コメント