Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

スワップ【swap】

スポンサーリンク
スワップポイントFX基礎知識
スポンサーリンク

スワップ【swap】

FXには株とは違い金利差で得られるスワップというものがあります。
上手に活用する事で利益を得ることができます。

スワップポイントとは

ポジションを保持するだけで付与される損益
保持しているだけでNYクローズを跨ぐと付与される
高金利通貨をショート【売ること】すると逆にスワップ金利を支払う事になる

 

※ここでは分かり易くドルと円で作成しています、実際の金利は違いますのでご了承ください。

スワップ

 

ドルのレートが、レート100円の時
1万ドルの運用で1日に付与されるスワップ金利は
100円×1万×6%÷365日≒164円となります。

スワップポイントで稼ぐのは金利の高い外貨を保有する事で、インカムゲインを得るという事です。

スワップポイントの注意

上記例では金利を得られる事ができましたが、逆にドルを【ショート】売っている場合は金利を支払う事になる為、注意が必要です。

 スワップポイントの特徴

FX業者によりスワップポイントのルールは違いますが、スワップポイントは為替が休みの土日にも発生します。
休み分はスワップ3倍デーとして、水曜日や木曜日にポジションを保有していれば、3日分のスワップポイントが付与される仕組みです。

これは各FX会社によってそれぞれルールが違う為、たいていは【スワップポイントカレンダー】があるので確認してください。

 

スワップポイントが付与される時間

スワップポイントが付与されるのは、FX会社毎に違いがありますが、ニューヨーク市場を跨ぎ、毎営業日終了後という事になります。
つまり、営業日が終わった時点で保有している通貨の金利差額が付与されるます。
同日に買って売った場合はスワップポイントは付与されません。
その為、マイナスのスワップポイントの取引をしても営業終了時点でポジションを保有していなければ金利を支払う事はありません。

スワップポイントの付与ルールは各FX会社により違いがある為、確認しておく必要があります。

スワップポイントはFX業者毎に違う

FX会社毎にスワップポイントは異なります。又実際に受け取る事のできるスワップポイントは業者により少し手数料を引かれた額となります。

 

スワップポイントは毎日変更される

スワップポイントは日々変動しており、政策金利により引き上げや、引き下げが発生します。過去には実際スワップポイントのプラスとマイナスが入れ替わった事実もあります。
その為、ポジション保有中はスワップポイントのチェックも大切になってきます。

まとめ

・スワップはうまく活用すれば利益になるが、マイナス金利に気をつける
・同日にポジションを決済した場合はスワップは付与されない
・スワップは毎日変動している、日々のチェックを怠らない

スワップポイントが高いFX会社

こちらもチェックスワップポイントが高いFX会社【みんなのFX】をチェックしよう!!

 

 

 

 

 

コメント