Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX 超初心者【入門編】為替相場 その③

スポンサーリンク
為替の基本FX初心者為替の基本
スポンサーリンク

FX 超初心者🔰【入門編】為替相場 その③

やまとの
やまとの

FXを始めると下の画面のように2wayプライスで表示されているから
今のうちに覚えていこうね。

プータ
プータ

うーんなんだか複雑そうだし、知らない言葉が沢山でてきたから大丈夫かな?

やまとの
やまとの

慣れないうちは難しく見えるけどすぐ慣れるから心配しなくても大丈夫だよ

 

FXには為替を表示する際2wayプライスが使用されています。では解説していきましょう。

2WAYプライス

上記の図は
価格を提示する側が
1ドル100円でドルを買います】
1ドル100円1銭でドルを売ります】を意味しています。
この2つの価格を2wayプライスと呼んでいます。つまりは2つの価格は
投資家が
ドルを売る時【1ドル=100円
ドルを買う時【1ドル=100円1銭】必要になる事を意味しています。
投資家はビットで売りアスクで買うを覚えておきましょう

見慣れないと分かりずらいですが、2wayプライス表示する事により売値と買値が同時に表示される事によって売買の透明性が向上し、業者による不正な表示を防止する事になっています。

スプレッド

FX会社は株のように売買手数料を取りません。その代わりスプレッドという売値と買値に差をつけています。
例えば、1銭安い売値でユーザーから通貨を買い取り、1銭高い買値でユーザーに通貨を売り払います。その差額がFX会社の利益となり、実質的な手数料となります。
それ以外は無料で提供しています。

1ドル100円で3銭のスプレッドの場合は購入時に100円3銭かかります。
その為1万ドル分購入すると300円かかります。スプレッドは任意で決められる為、大手FX会社であれば米ドル/円のスプレッドは1銭以下の所が多いです。
0.3銭【原則固定】の会社であれば1万ドル購入しても30円しかかかりません。

スプレッドは原則固定と変動の2種類

スプレッドには原則固定と変動スプレッドの2種類あり、変動スプレッドは安い時とタイミングにより変動差が大きい事があります。

原則固定とはスプレッドが為替市場の影響を受けてしまう為、例えば戦争、大地震などが発生すると一部通貨ペアで売り一辺倒になってしまい売値と買値の差が開いてしまうのです。
他には
為替レートが急激に変化してシステムが対処できない
FX会社の先にあるカバー先で価格差が発生している
などありますが、通常は固定であることは変わりません。

変動スプレッドはタイミングによってはメリットがあります。
ただ普段0.3銭程でも1銭になる事もあり、自分の開設している口座が原則固定か、変則なのかをチェックしておきましょう。

やまとの
やまとの

スプレットが実際の手数料で、FX会社によって違いがあるからチェックをしっかりしておこうね。

プータ
プータ
 

うんお得な所で始められるようにしなきゃ!

こちらもチェック!!おすすめFX会社はこちらから

コメント