Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

円高・円安の解説

スポンサーリンク
円高・円安FX基礎知識
スポンサーリンク

円高・円安の解説

為替を説明する時に必要になってくる円高・円安に関して説明していきます。
よくニュースなどで「円高ドル安、円安ドル高」という言葉が出てきます。
円高=円の価値が高くなった状態 
円安=円の価値が低くなった状態
ここまでは簡単ですね。
混乱するのは円高なのに数字が小さくなる、円安なのに数値が大きくなる為です。
図で分かり易く説明します。

円高・円安

外国のお金に対して円の価値が安いのか、高いのかを判断しているので数値が反比例しているわけです

 

円高・円安どちらが良いのかは企業によって違います。
輸出企業➡【円安が良い】外貨交換時に円が多くなる為利益が出ます。
輸入企業➡【円高が良い】外貨交換時に円が少なくて良い為利益が出ます。

一般消費者にとって円高・円安どちらが良い

例えば100ドルの外国産商品を購入すると1ドル=200円の時は2万円かかります。
為替変動により1ドル=100円の時は1万円で購入できます。
消費者にとって円高は嬉しい事です。

海外旅行に行く場合は円高・円安どちらがよい?

1ドル=200円の時に10万ドル円をドルに換えたら500ドルですが、1ドル100円の時に換算すると1000ドルになります。円高の方が好都合ですね。

円高・円安どちらが良い??

円高・円安はその企業、その人の立場によって変化するので一概に言えませんが日本は輸出する事利益を得る事が多い輸出大国ですので、円高よりも円安の方を歓迎しています。

 

 

 

 

コメント